住宅ローン借り換え

住宅ローン借り換えで損したくない方必見!

ダイニング

住宅ローン借り換えはその言葉から受ける印象とは違って実際の手順としては、全く新しく住宅ローンを借りて、これまでのローンを一括返済し、新しい銀行に返済していくということを言います。

 

ですから借り換えとは言っても、手数料や税金、保証料、保険料などの諸費用は新しく住宅ローンを借りるのと変わらず必要になります。

 

そのため、金利の低い住宅ローンに借り換えて節約をしようと思っても節約できる金額よりも諸費用のほうが多くかかるということがあり得るのです。

 

借り換えの手間だけかかって結果的には損をしてしまっては全く意味がありません。

 

そんな事態に陥らないためにも事前にしっかりと調査をして損をしない住宅ローン借り換えを常に念頭に置いておくようにしましょう。

 

ただ、それぞれの銀行の金利や諸費用を比較して、全てのシミュレーションを試してみてといったことは現実的には不可能ですし、非常にめんどうなもの。

 

ですから、当サイトのランキングでそういった手間を省いて優良銀行を見つけ出すことをおすすめします。

 

ただ、住宅ローン借り換えの仕組みや、損をしないための条件などは知っておいた方が絶対にいいですよね。

 

ここでは住宅ローン借り換えの様々な条件をピックアップして徹底研究!皆さんにご紹介していきます。

住宅ローン借り換え徹底研究!借換え手順や方法は?【損しないために!】記事一覧

住宅ローンとは、宅地の取得や住宅の新築・改築等の目的のため、住宅を担保として金融機関が行っている資金の貸付のことで、一般的に、物件価格の80%までの資金を借りることが出来ます。◆ 住宅ローンの金利計算購入予定の金額を知っていても、金利を含めた総支払額をちゃんと把握しているという人は果たしてどれほどいるのでしょうか?住宅ローンの返済方法には、元利均等返済と元金均等返済という2種類の方法があり、元利均...

住宅ローン審査に通過しなければ、住宅ローンを利用することはできないのですが、住宅ローンは金融機関にとっても融資金額が大きくなる為、慎重な審査が求められます。住宅ローンの審査をパスするためには、審査項目を熟知ししっかりと対策を練ることが大切です。<審査項目>住宅ローンの審査項目は、申し込みをした人の属性と、担保となる不動産の質や価値が審査の対象となります。収入が多い人でも、不動産担保価値に問題があれ...

住宅ローン借り換えの手順を教えてください。STEP1:借り換える住宅ローンを選定しましょう。STEP2:金融機関に借り換えの相談をしましょう。STEP3:借り換えの申し込みし、審査を受けましょう。STEP4:現在返済中の金融機関へ全額繰り上げ返済の申込を行いましょう。STEP5:契約を締結させましょう。STEP6:融資・抵当権の設定を行いましょう。STEP7:旧住宅ローンを完済させましょう。必要書...

◆ フラット35とは?フラット35は、民間と住宅金融公庫が提携して実現した最長35年長期固定金利の住宅ローンのことです。長期固定金利住宅ローンは、資金の受け取り時に返済終了までの借入金利、返済額が確定する住宅ローンのため、長期にわたるライフプランを立てやすくなるというメリットがあります。※住宅金融支援機構…住宅金融支援機構とは、2007年に住宅金融公庫の業務を継承した独立行政法人で、自立的経営のも...

◆ フラット35借り換え融資の手続きフラット35の一般的な借り換え融資の手続きの流れを説明します。但し、借り換えの対象となる住宅が、住宅金融支援機構が定める技術基準に適合している場合のみに借り換え融資手続きが行えるものであって、取扱金融機関の融資審査またはローンを買い取る住宅金融支援機構の買取審査の結果によっては、フラット35 借り換え融資が受けられない場合もあります。また、フラット35 借り換え...

親族居住用住宅やセカンドハウスもフラット35借換融資の対象となりますか?一定の要件に該当する場合は、フラット35借換融資の対象となります。親族居住用住宅…申込者の両親あるいは子供が住むための住宅の建設及び、購入する場合でもフラット35を利用することが出来ます。申込み時の年齢が70歳未満の方や連帯債務者となることが出来る方は収入を合算して申し込むことも出来ますし申込人の親、子、配偶者、配偶者の親等は...