住宅ローン借り換えフラット35

フラット35のメリットは何?

会議
◆ フラット35とは?

 

フラット35は、民間と住宅金融公庫が提携して実現した最長35年長期固定金利の住宅ローンのことです。

 

長期固定金利住宅ローンは、資金の受け取り時に返済終了までの借入金利、返済額が確定する住宅ローンのため、長期にわたるライフプランを立てやすくなるというメリットがあります。

 

※住宅金融支援機構…住宅金融支援機構とは、2007年に住宅金融公庫の業務を継承した独立行政法人で、自立的経営のもと、民間金融機関による長期固定金利型住宅ローンの供給を支援する証券化支援業務を主な業務としています。

 

◆ フラット35のメリットは?

 

メリット1:ずっと固定金利

 

フラット35は最長35年の長期固定金利住宅ローンです。
資金の受け取り時に返済終了までの借入金利、返済額が確定します。

 

メリット2:保証料・繰上返済手数料0円

 

フラット35は、一般的に住宅ローンを借り入れる際に必要となる保証料は掛かりませんし、保証人も必要ありません。
また、繰上返済や返済方法の変更を行う場合も手数料は掛かりません。

 

メリット3:機構の技術基準

 

住宅金融支援機構では、住宅の断熱性・耐久性等についての技術基準が定められており、その基準に則って物件検査が行われています。
また、新築住宅では、建築基準法に基づく検査済証が交付されていることを確認しています。

 

※物件検査を行う場合は物件検査手数料が必要となります。(物件検査手数料は検査機関又は適合証明技術者によって異なります。)

 

メリット4:安心サポート

 

フラット35では、多様な返済方法変更のメニューが取り揃えられている他、各々の事情に合った返済方法の提案をしてくれるサポートも行っています。
また、万が一に備えて、機構団体信用生命保険や3大疾病保障付機構団体信用生命保険も用意されています。

 

〔機構団信特約制度〕
機構団信特約制度とは、加入者に万一のことがあった場合、残りの住宅ローンを支払わなくても良いという保障制度です。

 

機構団信特約制度には、機構団信(機構団体信用生命保険)と、3大疾病付機構団信(3大疾病保障付機構団体信用生命保険)の2つのメニューがあります。

 

機構団信に加入していれば、万が一のことが起きてしまった場合でも、生命保険会社から支払われる保険金によって住宅ローンの残債務が弁済されますので、残された家族に住宅ローンの支払い義務は発生せず、安心してマイホームに住み続けることが出来ます。

 

〔機構団体信用生命保険〕
機構団体信用生命保険とは、加入者が死亡または高度障害状態になってしまった場合、残りの住宅ローンが全額弁済されるという制度です。
加入は、満15歳以上、満70歳未満の方が対象となります。

 

〔3大疾病保障付機構団体信用生命保険〕

 

死亡・高度障害の他、3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)が原因で、一定の要件に該当した場合、残りの住宅ローンが全額弁済されるという制度です。
加入は、満15歳以上、満51歳未満の方が対象となります。

フラット35の仕組みは?

会議
フラット35は最長35年の長期固定金利住宅ローンです。借入時に毎回の返済額が確定しているので、計画的な返済を行うことが出来ます。

 

今の金利で毎月の返済額を確定させたい方や、将来金利が上昇した場合に、月々の返済額も増加してしまうと返済が大変だとお考えの方にオススメのローンです。

 

 

<フラット35 仕組み>

 

住宅金融支援機構は、貴方が資金を受け取った後、金融機関から貴方の住宅ローンを買い取り、買い取った住宅ローンを担保とする債券を発行することで、市場(投資家)から資金が調達され運営が成立しています。
この仕組みによって提供される商品が、フラット35です。

 

[フラット35S]
フラット35を申し込み、省エネルギー性、耐震性等に優れた住宅を購入すると、フラット35の借入金利を一定期間引き下げてもらえる制度です。

 

平成23年度第3次補正予算の成立に伴い、従来のフラット35Sに加えて、フラット35Sエコが創設されました。
フラット35Sエコは、東日本大震災からの復興・住宅の省CO2対策を推進するため、省エネルギー性の優れた住宅について、金利引下げ幅を従来のフラット35Sより拡大されているのが特徴的で、東日本大震災の被災地においては更に拡大されます。

 

[フラット35 借換融資]
フラット35借換融資の利用で、長期固定金利の住宅ローンへ借り換え出来ます。
フラット35の申し込みが可能な金融機関のうち、フラット35借換融資の取扱いを行っていない金融機関もありますので注意しましょう。

 

※フラット35借換融資の借入金利は取扱金融機関によって異なります。

 

[フラット50]
長期優良住宅の認定を受けた住宅について、償還期間の上限を50年間とする制度です。

 

※申し込みは、年齢が満44歳未満の方に限ります。

 

[フラット35(保障型)]
フラット35(保証型)は、金融機関が提供する住宅ローンに対して、住宅金融支援機構が保険を引き受けることにより実現した長期固定金利の住宅ローンです。

 

金融機関が提供する住宅ローンについて返済出来なくなってしまった際に、金融機関に対して住宅金融支援機構が保険金(ローンの残高)を支払います。
(保険金支払後は、住宅金融支援機構が住宅ローン債権を取得します。)

 

[機構住みかえ支援ローン]
財団法人高齢者住宅財団による保証を活用し、在宅借上事業を実施している法人が、現在所有している住宅を借り上げることを前提に、新たに住宅を取得するためのローンです。

住宅ローン借り換えランキング!【2017年6月最新版】


HOME 新生銀行研究 住信SBIネット銀行 楽天銀行研究