住宅ローン借り換え審査

住宅ローン審査に落ちないためのコツはあるの?

相談
住宅ローン審査に通過しなければ、住宅ローンを利用することはできないのですが、住宅ローンは金融機関にとっても融資金額が大きくなる為、慎重な審査が求められます。

 

住宅ローンの審査をパスするためには、審査項目を熟知ししっかりと対策を練ることが大切です。

 

<審査項目>

 

住宅ローンの審査項目は、申し込みをした人の属性と、担保となる不動産の質や価値が審査の対象となります。
収入が多い人でも、不動産担保価値に問題があれば融資を受けることが出来ませんし、逆に、不動産価値が高くても返済能力がないとみなされてしまえば融資を受けることが出来ません。

 

[申し込みをした人の属性]

 

・個人の信用情報

 

クレジットカードを作ったり、借り入れを行うとそれらの記録は全て個人信用情報として記録されています。
借り入れがあるからといって断られるとは限りませんが、あまり大きな額を借り入れている場合は、断られてしまう確立が上がることは否めませんし、過去に延滞したことがある場合は借り入れが難しくなるでしょう。(信用情報は5年間記録されています。)
住宅ローンの審査にパスするためには、車のローンやリボ払いは全て完済していることが望ましいといえるでしょう。
また、不要なクレジットカードは極力減らすことも有効となります。

 

・勤務先や勤務年数

 

収入金額が多いほど融資してもらい易くなるのは間違いありませんが、最も重視されるのが、就業形態や企業の安定性で、契約社員等の場合は、安定性に不安がありますので、借り入れが難しくなります。
また、公務員や一部上場企業に勤めている方は、社会的な信用力があるとみなされ、借り入れ易くなるといわれています。

 

勤続年数に関しては、長ければ長いほど有利になります。
勤続3年以上が目安と言われていますが、同じ業種でキャリアアップのための転職であれば勤続年数が短くても問題視されない場合も有りますので、まずは金融機関に相談してみることをオススメします。

 

自営業の方も、事業の勤続年数が3年以上であることが目安と言われているのですが、自営業の方の場合、過去3年間の所得が審査の対象となっていますので、住宅ローンの審査を受ける際には、3年間は安定した収入であることが望ましいといえるでしょう。

 

・健康状態

 

銀行ローンでは、借り入れ用件の1つに、団体信用生命保険に加入していることを条件として挙げている銀行が殆どで、住宅ローンの審査にパスするためには、生命保険に加入できる健康状態であることが必要となります。
高血圧や糖尿病で生命保険に加入できない場合も、引受条件緩和型の生命保険を取り扱っている金融機関もありますので、諦めずに相談してみることをオススメします。

 

※フラット35は、団体信用生命保険に加入出来ない方でも借入れすることが出来るのですが、借入者に万が一のことがあった場合、遺族が返済を引き継ぐことになりますので、よく検討してから申し込むようにしましょう。

 

[所得用件]

 

住宅ローンの審査にパスするためには最低年収をクリアする必要があります。
金融機関によっても異なりますが、一般的に200万〜300万を最低年収として設定している金融機関が多いといわれています。

 

[共同名義]

 

住宅を共同名義にする場合等は、審査が通り易くなる可能性が高く、共働き場合も、審査が通り易くなる可能性があると言われています。

住宅ローン借り換えランキング!【2017年3月最新版】


HOME 新生銀行研究 住信SBIネット銀行 楽天銀行研究